出典:デジタル大辞泉(小学館)

ウリ科の蔓性 (つるせい) の多年草。山野に自生し、巻きひげで他に絡む。葉は心臓形で浅い切れ込みがある。雌雄異株。夏、白い花が咲く。果実は黄色く熟す。漢方で塊根を栝楼根 (かろうこん) といい薬用。また根のでんぷんから天瓜粉 (てんかふん) を製する。うかい。うしのしい。

[生物/植物名]カテゴリの言葉