出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動サ五(四)]聞いてそれと思う。それと意識して聞く。
  • 「私には子宝が何となく空々 (そらぞら) しく―・されたのである」〈志賀・母の死と新しい母〉