出典:デジタル大辞泉(小学館)

頭蓋内外の頸動脈など比較的太い動脈のアテローム硬化を原因とする脳梗塞。血管の中で粥状に固まったコレステロールが動脈の血栓や硬化を引き起こす。高血圧糖尿病などの生活習慣病が危険因子とされる。失語失認などの高次脳機能障害や、感覚障害、半身麻痺(純運動性不全片麻痺)などの症状を伴うことが多い。

[補説]食生活の欧米化により、日本でもアテローム血栓症が増加。脳梗塞だけでなく、心筋梗塞や虚血性脳卒中などの原因にもなることから、コレステロール値の管理、生活習慣病予防が重要視されている。