出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「足 (あ) 所 (と) 」の意》

  1. 何かが通っていったしるし。「靴の―」「船の通った―」「頰 (ほお) を伝う涙の―」「犯人の―を追う」

  1. (傷には多く「痕」と書く)以前に何かが行われたしるし。痕跡。形跡。「消しゴムで消した―」「手術の―」「苦心の―が見受けられる」「水茎 (みずくき) の―」

  1. (建築物には多く「址」と書く)以前に何かが存在したしるし。「太古の海の―」「寺院の―」

  1. 家の跡目。家督。「父の―を継ぐ」

  1. 先人の手本。先例。「古人の―にならう」

  1. 足のあたり。足もと。

    1. 「太神宮の御方を、御―にせさせ給ふこと、いかが」〈徒然・一三三〉