き‐けん【貴顕】 の意味

  1. [名・形動]身分が高く、名声のあること。また、そういう人や、そのさま。「貴顕紳士」
  • 名詞
  • き‐けん【貴顕】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・朝野の貴顕紳士と称する俗輩が、何々の集会宴会と唱えて相会するは、果して実際の議事、真実の交際の為めに必要なるや否や。

      福沢諭吉「女大学評論」

    • ・・・なく、政権は維新功臣の手に在りて、その主義とするところ、すべて文明国の顰に傚い、一切万事寛大を主として、この敵方の人物を擯斥せざるのみか、一時の奇貨も永日の正貨に変化し、旧幕府の旧風を脱して新政府の新貴顕と為り、愉快に世を渡りて、かつて怪し・・・

      福沢諭吉「瘠我慢の説」