出典:デジタル大辞泉(小学館)

心不全・喘息 (ぜんそく) などの患者が、呼吸を楽にするため、上半身を起こした姿勢でする呼吸。臥位 (がい) では静脈の還流量が増すので肺の鬱血 (うっけつ) が増強し、肺活量は減少するため、坐位を余儀なくされる。