出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. 心の憂さをまぎらすこと。また、そのさま。気ばらし。

    1. 「近郊の遊覧地へ―な一日を暮しに行った」〈芥川・秋〉

  1. 気苦労のないこと。また、そのさま。気楽。のんき。

    1. 「―な暢気 (のんき) 極まる世間では」〈魯庵・破垣〉

出典:青空文庫