出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1891~1929]洋画家。東京の生まれ。吟香の子。白馬会洋画研究所で学び、のちフュウザン会を結成。北方ルネサンス特にデューラーの影響を受けて細密な写実描写に転じ、草土社を創立。晩年は宋元画・初期肉筆浮世絵に傾倒して日本画も描いた。代表作「麗子像」。