出典:デジタル大辞泉(小学館)

    1. 酵素の作用を受けて化学反応を起こす物質。アミラーゼが作用するでんぷんなど。

    2. ㋑代謝の出発物質。

  1. 複合した構造の基盤となる部分。

    1. ㋐細胞間にある物質。細胞間質。礎質。

    2. ㋑染色糸を取り巻く物質。染色体基質。

    3. ㋒細胞質内でゴルジ体・ミトコンドリアなどの構造物の間を埋めているもの。細胞質基質。