出典:デジタル大辞泉(小学館)

(梵)Hārītīの訳。音写は訶梨帝 (かりてい) 》女神の名。千人の子があったが、他人の子を取って食い殺したため、仏はその最愛の一児を隠してこれを教化し、のち仏に帰依 (きえ) して出産・育児の神となった。手にザクロの実を持ち、一児を抱く天女の姿をとる。訶梨帝母 (かりていも) 。きしも。きしぼじん。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉