出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 馬上から弓を射ること。⇔歩射 (ぶしゃ) 

  1. 馬上から弓を射る行事。朝廷では5月5日に行われた騎射の節 (せち) 、武家では流鏑馬 (やぶさめ) 笠懸 (かさがけ) 犬追物 (いぬおうもの) などがある。うまゆみ。