出典:デジタル大辞泉(小学館)

律令制で、特別の身分の者が罪を犯した場合、その犯罪の実情をたずねて、奏請して勅裁を仰ぎ、減刑または贖罪 (しょくざい) させたこと。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉