出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「きしん」とも》

  1. 荒々しく恐ろしい神。おにがみ。また、化け物。変化 (へんげ) 。「断じて行えば鬼神も之 (これ) を避く」

  1. 天地万物の霊魂。死者の霊魂と天地の神霊。

    1. 「天地を動かし―を感ぜしめ」〈古今・真名序〉

  1. 仏語。超人的な能力をもつ存在の総称。