き‐せい【棋聖】 の意味

  1. 囲碁・将棋で、技量の特にすぐれた人。
  1. 囲碁・将棋で、棋聖位に与えられる称号。棋聖戦の勝者がタイトルを獲得する。将棋は昭和37年(1962)、囲碁は昭和51年(1976)に創設。
  1. 江戸末期の棋士、天野宗歩 (あまのそうほ) のこと。

き‐せい【棋聖】の慣用句

  1. きせいせん【棋聖戦】
    • 囲碁の七大タイトル戦の一。昭和51年(1976)創設。決勝戦は七番勝負で行われ、勝者は棋聖のタイトルを手にする。連続10期以上タイトルを獲得した棋士は現役で、連続5期または通算10期獲得した棋士は現役で60歳以上に達したときまたは引退時に、名誉棋聖を名乗ることができる。
    • 将棋の七大タイトル戦の一。昭和37年(1962)創設。五番勝負で行われ、勝者は棋聖のタイトルを手にする。通算で5期以上、棋聖のタイトルを獲得した棋士には永世棋聖を名乗る資格が与えられる。