出典:デジタル大辞泉(小学館)

実質の異なるものを、法的取り扱いにおいては同一のものとみなして、同一の効果を与えること。失踪 (しっそう) 宣告を受けた者を死亡したものとみなすなど。→推定