きせい‐こうぶつ〔‐クワウブツ〕【気成鉱物】 の意味

  1. 気成作用でできた鉱物。電気石蛍石黄玉など。