出典:デジタル大辞泉(小学館)

安土桃山時代に美濃で焼かれた瀬戸系の陶器。淡黄色の釉 (うわぐすり) をかけたもの。意匠の特色から、あやめ手、ぐいのみ手などが有名。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉