出典:デジタル大辞泉(小学館)

ボイル‐シャルルの法則によれば、気体1モルの体積V、圧力P絶対温度Tの間には、PVRTの関係があり、このときの比例定数Rをいう。気体の種類にかかわりなく、R=8.3143J/K ・ molの値をとる。ガス定数。