出典:デジタル大辞泉(小学館)

浄瑠璃の流派の一。貞享年間(1684~1688)に竹本義太夫が始め、のち竹本豊竹二派に分かれた。物語の筋、せりふに三味線の伴奏で節をつけ語るもので、操り人形劇と結びついて発達。非常に流行したため、浄瑠璃といえばこれをさすようになった。義太。義太夫。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉