きっかわ‐れいか〔キツかはレイクワ〕【吉川霊華】 とは

  1. [1875~1929]日本画家。東京の生まれ。本名、準 (ひとし) 。狩野派土佐派を学び、のち冷泉為恭 (れいぜいためちか) に私淑して大和絵を研究。白描画を得意とした。代表作「離騒」。