出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「けっさ(譎詐)」の慣用読み》いつわり。うそ。

「然許 (さばかり) の残刻と―とを擅 (ほしいまま) にして」〈紅葉金色夜叉