出典:デジタル大辞泉(小学館)

鎌倉前期の茶道書。2巻。栄西 (えいさい) 著。建保2年(1214)成立。茶種を日本にもたらした栄西が、茶の栽培、喫茶の方法、喫茶による養生などについて記したもの。