出典:デジタル大辞泉(小学館)

奈良県吉野山にある金峰山寺 (きんぷせんじ) の僧坊。役小角 (えんのおづの) の庵という。明治の神仏分離で廃寺、吉水 (よしみず) 神社となる。源義経が追われて潜み、後醍醐天皇が行宮としたことで有名。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉