出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形動][文][ナリ]《「きどく」とも》
  1. 言行や心がけなどがすぐれていて、褒めるに値するさま。「世の中には奇特な人もいるものだ」

  1. 非常に珍しく、不思議なさま。

    1. 「比の香の―なるを漸く寄りて見れば」〈今昔・六・六〉


[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「彼は奇特な人だ」を、「優れて他と違って感心なこと」と「奇妙で珍しいこと」の、どちらの意味だと思うかを尋ねたところ、次のような結果が出た。
 平成14年度調査平成27年度調査
優れて他と違って感心なこと49.9パーセント49.9パーセント
奇妙で珍しいこと25.2パーセント29.7パーセント