出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]

  1. 体裁をつくろい、もったいぶったり、とりすましたりする。「人前で―・る」「―・った話し方」「―・らない人柄」

  1. (「…をきどる」の形で)そのものになった気で、それらしい振る舞いをする。「秀才を―・る」

  1. それと感づく。けどる。

    1. 「要介がどうか床をいそぐやうすゆゑ、女中―・るこころなり」〈洒・二蒲団〉

  1. 心を配って、用意しておく。

    1. 「ここに一本あるから、肴も少し―・ってくんな」〈伎・四谷怪談