出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「木の子」の意》菌類のうち、顕著な子実体 (しじつたい) を形成するもの。大部分は担子菌類に、一部は子嚢 (しのう) 菌類に属する。ふつう傘状をなし、山野の樹陰や朽ち木などに生じる。食用となるマツタケシイタケシメジなどと、有毒なテングタケツキヨタケなどがある。くさびら。たけ。 秋》「道かはす人の背籠や―にほふ/秋桜子