• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

きはつゆ‐ぜい【揮発油税】 の意味

  1. ガソリンに課せられる国税の一。昭和12年(1937)創設で一時廃止後、同24年(1949)に復活。道路特定財源だったが平成21年度(2009)から一般財源化された。地方揮発油税とあわせて「ガソリン税」と通称される。→道路整備事業財政特別措置法