出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 反対側まで突き抜けている空間。「針の―」

  1. 深くえぐりとられた所。くぼんだ所。「道に―があく」「耳の―」

    1. ㋐金銭の損失。欠損。「帳簿に―があく」

    2. ㋑必要な物や人が抜けて空白になった所。「人員に―があく」

    3. ㋒不完全な所。欠点。弱点。「下位打線が―だ」「彼の論理は―だらけだ」

  1. 他人が気づかない、よい場所や得になる事柄。穴場。

  1. 競馬・競輪などで、番狂わせの勝負。配当金が多い。「―をねらう」

  1. 世間の裏面。うら。

    1. 「世間の―を能く知って堺町とは気づいたり」〈根無草・三〉