出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形動]《「きふさぎ」の音変化。近世語》心のさわりになるさま。気にかかるさま。→気ぶっせい
  • 「両人を片付けさせば、跡に―な者もない」〈浄・先代萩
[補説]形容詞としての使用例もある。
  • 「庭の木蔭も気ぶさいと」〈浄・応神天皇〉