ぎ‐まく【偽膜/義膜】 の意味

  1. 組織としての構造をもたず、繊維組織にうみなどが加わってできた膜様のもの。ジフテリアなどの際にみられる。