きまり‐て【決(ま)り手/極まり手】 の意味

  1. 相撲で、勝負がきまったときのわざ。→四十八手 (しじゅうはって) 
  1. [補説]日本相撲協会の定める決まり手82種と非技5種
    決まり手
    足取り浴 (あび) せ倒し網打ち居反 (いぞ) り一本背負い、後ろ凭 (もた) れ、内掛け内無双うっちゃり上手出し投げ上手投げ上手捻 (ひね) り、大逆手 (おおさかて) 、大股、送り掛け、送り倒し送り出し、送り吊り落とし、送り吊り出し、送り投げ、送り引き落とし、押し倒し押し出し腕 (かいな) 捻り掛け反り掛け投げ肩透かし合掌捻り河津 (かわづ) 掛け極 (き) め倒し極め出し切り返し首投げ首捻り蹴返 (けかえ) しけたぐり腰投げ、小褄 (こづま) 取り、小手投げ、小手捻り、小股掬 (すく) い逆 (さか) とったり鯖 (さば) 折り下手出し投げ下手投げ下手捻り、撞木 (しゅもく) 反り、掬 (すく) い投げ裾取り裾払いずぶねり素首 (そくび) 落とし外掛け、外小股、外襷 (そとたすき) 反り、外無双襷 (たすき) 反りちょん掛けつかみ投げ突き落とし突き倒し突き出し、伝え反り、褄 (つま) 取り吊り落とし吊り出し徳利 (とっくり) 投げとったり二丁投げ二枚蹴り叩 (はた) き込み、波離間 (はりま) 投げ、引き落とし引っ掛け巻き落とし三所 (みところ) 攻め櫓 (やぐら) 投げ呼び戻し寄り切り寄り倒し渡し込み割り出し

    非技(勝負結果)
    勇み足腰砕け、つき手、つき膝、踏み出し