出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ある事態や物事から受ける感じ。また、その感じた気持ち。きび。「気味が悪い」

    1. 「総て―のよい、きらびやかな、うつくしい、月は」〈二葉亭訳・めぐりあひ〉

  1. いくらかその傾向にあること。「かぜの気味がある」

  1. 香りと味。

    1. 「喉 (のど) 渇き口損じて、―も皆忘れにけり」〈盛衰記・一一〉

  1. 物事の趣。味わい。→気味 (ぎみ) 

    1. 「閑居の―もまた同じ」〈方丈記