出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 一国の君主。天皇。天子。

  1. 自分が仕えている人。主君。主人。「わが―」

  1. 人を敬慕・親愛の情をこめていう語。「いとしの―」

  1. 人名・官名などの下に添えて敬意を表す語。男女ともにいう。「師の―」

    1. 「明石の―」〈・若菜下〉

  1. 貴人や目上の人をいう語。お方。

    1. 「この―をば、私ものに思ほし」〈・桐壺〉

  1. 遊女。遊君。

    1. 「―達声をあげて…笑ひぬ」〈浮・一代男・五〉

  1. 古代の姓 (かばね) の一。もと皇親系の尊号で、天武天皇の八色 (やくさ) の姓制では朝臣 (あそみ) 姓を与えられる者が多かった。

[代]二人称の人代名詞。
  1. 多く男が同等または目下の相手に対していう語。「―、一緒に行こう」

  1. 上代では多く女が男に対して、中古以後はその区別なく、敬愛の意をこめて相手をいう語。あなた。

    1. 「あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや―が袖振る」〈・二〇〉