きみしにたもうことなかれ〔きみしにたまふことなかれ〕【君死にたまふこと勿れ】 の意味

  1. 与謝野晶子の長詩。明治37年(1904)発表。日露戦争のとき、新妻を残して出征した弟への愛をこめて作った反戦詩。