キム‐グ【金九】 とは

  1. [1876~1949]朝鮮の政治家・独立運動家。号は白凡 (ベクボム) 。甲午農民戦争に参加。三・一独立運動の後は上海に亡命し、大韓民国臨時政府の最高指導者として活動。第二次大戦後は南北統一運動を展開したが、李承晩 (イスンマン) と対立し、暗殺された。自叙伝「白凡逸志 (はくはんいっし) 」を残した。きんきゅう。