出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1914~1950?]朝鮮の作家。本名、金時昌 (キムシチャン) 。平壌 (ピョンヤン) 生まれ。日本に留学し、東京帝国大学を卒業。在日中に書かれた「光の中に」は芥川賞候補となった。第二次大戦後は朝鮮に帰国し、作家として朝鮮戦争に従軍、戦中に行方不明となった。他に「海への歌」「太白山脈」など。きんしりょう。

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉