出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 双方の間を取りもって心を砕き世話を焼くこと。また、その人。「新聞社の―で30年ぶりの対面がかなう」

  1. 江戸幕府の職名。同職中の支配役・世話役。高家肝煎寄合肝煎など。

  1. 江戸時代、村役人をいう。庄屋 (しょうや) 名主 (なぬし) など。

  1. 奉公人・遊女などを周旋すること。また、それを業とする人。

    1. 「―は道々うそを言ひ含め」〈川柳評万句合〉

出典:青空文庫

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉