出典:デジタル大辞泉(小学館)

[枕]心は腹中で向かいあっている肝の働きによるとする意から、「心」にかかる。
  • 「―心を痛み思ひつつ」〈・一三五〉