きもん‐の‐がく【記問の学】 の意味

  1. 記問にしかすぎない学問。消化されずに自分のものとなっていない学問。
  • 名詞