出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 仏語。悪行がかえって仏道に入る機縁となること。⇔順縁

  1. 親が子の死をとむらったり、敵対していた者などのために仏事をしたりすること。⇔順縁

出典:青空文庫

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉