出典:デジタル大辞泉(小学館)

二つの要素の演算の結果が単位元となるとき、一方の要素から見た他方をさす語。加法では0が単位元で、ある数aの逆元は-a、乗法の単位元は1でaの逆元は1/a