出典:デジタル大辞泉(小学館)

哲学で、精神的・観念的なものを主観的意識から独立した客観的原理として立て、世界をそのあらわれとする立場。プラトンヘーゲルらに代表される。→主観的観念論

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉