きゃっかん‐びょうしゃ〔キヤククワンベウシヤ〕【客観描写】 の意味

  1. 対象をあるがままに、作者の主観を加えずに描き出すこと。自然主義文学で多く試みられた。
  • 名詞