出典:デジタル大辞泉(小学館)

《想起の意》プラトンの説く真理認識に至る過程。人間の魂は、肉体に宿る前に天界で眺めていたイデアを想起することによって真理を認識するというもの。想起説。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉