出典:デジタル大辞泉(小学館)

Kew》ロンドンの南西郊外、テムズ川南岸にある植物園。18世紀に作られた庭園を起源とし、1841年に王立植物園として開園。広さは121万平方メートルと広大なもので、国益と学術研究のために世界各地の植物が集められ、その数は約3万種といわれている。また、キューパレスやパームハウス(大温室)など、建築学的にも貴重な建物が残されている。2003年に、世界遺産(文化遺産)に登録された。