出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)物事をつきつめ、きわめること。また、その最後の到達点。究竟。「―の目的」
  • 「この機器を益々修改 (しゅうかい) し、工巧を―しければ」〈中村訳・西国立志編

出典:青空文庫

出典:gooニュース