出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 吸いつくこと。

  1. 二つの異なる物質相が接するとき、その界面で、それぞれを構成している成分が濃縮される現象。活性炭がその表面に着色溶液の色素をくっつけて脱色するなど。正吸着ともいい、逆に界面で希薄になる場合を負吸着という。

出典:青空文庫

出典:gooニュース