きゅう‐でん【宮殿】 の意味

  1. 天皇・国王などの住む御殿。
  1. 神を祭る社殿。
  • 名詞
  • きゅう‐でん【宮殿】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・竜宮は緑の屋根瓦に赤い柱のある宮殿である。

      芥川竜之介「少年」

    • ・・・橄欖の花のにおいの中に大理石を畳んだ宮殿では、今やミスタア・ダグラス・フェアバンクスと森律子嬢との舞踏が、いよいよ佳境に入ろうとしているらしい。

      芥川竜之介「葱」

    • ・・・ ソロモンはきょうも宮殿の奥にたった一人坐っていた。

      芥川竜之介「三つのなぜ」