きゅう‐めい〔キウ‐〕【糾明/×糺明】 の意味

  1. [名](スル)罪や不正を糾問し、真相を明らかにすること。「罪状を―する」
  • 名詞
  • きゅう‐めい〔キウ‐〕【糾明/×糺明】の例文

    出典:青空文庫

    • 糺明の喇叭さえ響き渡れば、「おん主、大い・・・

      芥川竜之介「おぎん」

    • ・・・ 続いて酒井家の大目附から、町奉行の糺明が済んだから、「平常通心得べし」と、九郎右衛門、りよ、文吉の三人に達せられた。

      森鴎外「護持院原の敵討」