出典:デジタル大辞泉(小学館)

(Pierre ~)[1859~1906]フランスの物理学者。磁性体を研究し、キュリーの法則キュリー温度を発見。次いで妻マリーとともに、ラジウムポロニウムを発見し、1903年ノーベル物理学賞受賞。
(Marie ~)[1867~1934]フランスの化学者・物理学者。ポーランド生まれ。の妻。夫ピエールと協力して放射能を研究し、ラジウムポロニウムを発見。さらに塩化ラジウムを分離。夫の死後も研究を続け、金属ラジウムの分離に成功。1903年ノーベル物理学賞、1911年ノーベル化学賞受賞。